通貨強弱分析サイトmatafの使い方とは?

為替取引の基本は…「最強通貨を買い、最弱通貨を売る」事!fxサイトやトレーダーブログでよく紹介されている事ですよね。

 

じゃあ…どうやって最強通貨、最弱通貨を見つけるのか…?そんな時に役に立つのが今回記事で紹介するサイト…matafなんです!

 

通貨強弱ツールmataf使い方イメージ画像

 

為替取引は株の固有銘柄や、商品先物取引と違い…通貨の交換レートのため特定固有通貨が強く買われている時には背後で違う単体通貨が売られています。

 

matafは9通貨の通貨強弱を表示させ…強く買われている単体通貨の裏で、その通貨が売られているのか?がパッと瞬間的に理解できます!つまり見方や使い方を知れば…今現在どの通貨ペアがトレンドが発生しているのか?ここが分かるんです!

 

今回はこのmatafの使い方の基本を紹介させて頂きます!

Matafとは何のサイトなの?

検索ワードに通貨強弱ツールと入力すると、必ずといっていいほど紹介されているmataf…これ海外金融サイトなんです。

 

このサイト内に通貨強弱を表示させるカレンシー・インデックスを表示させる機能をネットでは画像付きの解説記事で紹介しています。mt4インジゲーターや他の外部サイト(又はアプリ)と一線を画すのは無料で長期〜短期の強弱分析が可能なこと!

 

他のサイトやインジゲーターと比較すると無料でマルチフレーム分析が可能な高性能判定ツールなんです!

 

fx主要取引通貨8つの通貨単体の強弱をラインで表示させることができるので…最も買われている通貨は何か?弱い通貨は何か?がすぐ分かるんですよ!

 

カレンシー・インデックスの表示は各通貨ペアを計算式に当てはめ、一定期間における通貨単体の変動(評価率)を示したものです。通貨単体の変動(評価率)をラインチャート化することで、表示される通貨全体の変動を確認できるのが特徴です!

通貨単体の強弱を測るmatafの使い方

通貨の強弱が分かるmatafの使い方は非常に簡単!まずは使い方から解説させて頂きます。次の3つの設定をすれば表示されます!

 

  1. 時間軸設定
  2. 表示する通貨選択
  3. 表示期間設定

 

mataf時間軸設定

matafはDaily(日足)、4h(4時間)、Hourly(1時間)、15min(15分)、5min(5分)を選択することで、時間別の強弱分析をすることができます。

 

通貨強弱ツールmataf使い方@

 

時間軸設定は上画像部分のアイコンをクリックするだけです!

 

続けて表示させたい通貨を選ぶ方法です。

 

表示する通貨選択

最程時間軸設定をしたアイコンのすぐ下に9通貨が表示されていますよね。各通貨の横の四角い色別ボタンをクリックすると通貨強弱ツールに表示されます。

 

通貨強弱ツールmataf使い方A

 

2021年3月現在10通貨の同時表示が可能です(USD、EUR、GBP、CHF、JPY、CAD、AUD、NZD、CHN、DKK)。

 

表示期間設定

下画像の赤矢印部分をクリックしスライダーさせることで表示期間を限定することができます。

 

通貨強弱ツールmataf使い方B

 

この機能地味に感じますが…他ルールやmt4インジゲーターにない機能なんですよ。

 

この表示期間設定を使うことで日足のトレンドを確認し、ここ3日間はどんな状態なのでか?トレードすべきか?否か?をマルチフレーム分析することが可能になります。

 

まとめ

今回はmatafの使い方の基本、表示設定方法について解説させて頂きました。基本的に下の3つの手順が分かれば通貨強弱が分かるようになります。

 

  1. 時間軸設定
  2. 表示する通貨選択
  3. 表示期間設定

 

通貨強弱ツール全般(他外部サイト、mt4インジゲーター、アプリなど全て)はあくまで現在の環境認識をするためのツールです。トレンドが発生“したから”あなたがトレード前に確認した通貨単体が最も強く(又は弱く)なっています。

 

トレード直前に判定ツールが表示している最強、最弱通貨の組合せのポジションを保有しても勝てる保証は…ありません。あくまで分析のための手段として適切に使う必要がありますよ!

 

私の通貨強弱分析方方法、トレード手順を記事にした“こちら”を参考にして下さいね!