カレンシーストレングスの見方のポイント!fx通貨強弱で勝つためのコツはある?

fxの基本は“最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る”こと!つまりこれはトレンドをフォローする事なんだ!

 

ここを理解して通貨強弱をリアルタイムで表示させても…

 

“どういう見方をすればいいんだろ?”

 

“ツールによって全然強さ、弱さが違う…どういう解釈をすればいいの…?”

 

カレンシーストレングス系のmt4インジゲーター、スマホで確認できるアプリ…よくfxサイトやブログに紹介されている外部サイトを見ても、いざ実際トレード前に確認しても分からなくなってしまいますよね…。

 

カレンシーストレングスの見方のコツ@

 

そんな時に心掛けて欲しいのは…“情報の活用方法”です。私はスキャルピング〜デイトレードならば『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を参考にしています。

 

理由はその日の各市場のオープンボラティリティを利用した短期売買をメインにしているから!

 

この記事では『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を使用した勝つためのコツ!見方の注意点について紹介させて頂きます!

カレンシーストレングスの見方のコツとは?

カレンシーストレングス『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』は通貨単体の強さ、弱さを1日の価格の変化率をベースに計算しライン表示させたチャートです。カレンシーストレングスの見方のコツとして…他の通貨強弱判定ツールや、サイト(又はアプリ)等と違いを知る事が大切です。

 

カレンシーストレングスの見方のコツA

 

ここが分からないとまず勝てません。

 

どうしてかというと…全く違う強弱順位が他の判定ツールでは示されるからです。精度の高い情報を得ようとすると、どうしても複数のカレンシーストレングス情報を参考にしたくなりますよね。ですが、複数の判定ツールの情報を知れば知るほど…表示される最強、剤弱通貨が違うので…取引通貨ペア、売買方向の選択肢が増えてしまい…結果トレード成績に良くない影響を与えてしまいます。

 

この原因は全て通貨単体を表示させるために計算している計算方法が違うことなんです…。

 

カレンシーストレングスを使用したトレードで勝つために必要なポイントは…ツールオリジナルの個性を理解すること!

 

そうすることによって通貨ペア選択、売買方向決定に法則性ができて一貫性のあるトレードが可能になります!

カレンシーストレングス「Currency Strength Chart」を見る際の注意点

カレンシーストレングス「Currency Strength Chart」を見る際の注意点は4つです。

 

  1. 8つのラインは通貨単体の強弱を示している
  2. 0ラインよりも上なら買われている
  3. 日本時間朝7時〜次の日の朝6時55分でリセットされる
  4. 一番上の通貨、一番下の通貨の組合せが基本

 

上の4つが通貨強弱を表示するmt4インジゲーター、外部サイト(アプリ)と違う点なの…で理解すると、他の判定ツールや、強弱情報を見ても表示される通貨単体の強弱結果が違っても、原因が分かるので無駄な混乱を避けることができますよ!

 

「こっちはUSD/JPYショートを示しているのに…こっちはAUD/JPYショート…?どっちにすればいいの?」

 

こういう無駄な思考の時間が無くなります。

 

カレンシーストレングス「Currency Strength Chart」の見る際の注意点は「見て分かる!カレンシーストレングスを利用した通貨強弱手法」見方のポイント4つで解説しています。

 

ここだけ理解すれば…どうして他の通貨強弱を表示するmt4インジゲーター、外部サイト(アプリ)の情報と結果が違うのか?が分かるので一貫性のあるトレードに繋がりますよ!

 

それでは次に具体的な見方のポイントについて解説させて頂きます!

カレンシーストレングスはその日時間レベルの通貨強弱を見て確認できるのがメリット

カレンシーストレングス「Currency Strength Chart」は通貨強弱を確認するmt4インジゲーター、外部サイト(又はアプリ)と違う点として…「日本時間朝7時〜次の日の朝6時55分でリセットされる」ことです。結果、見方のポイントとして…各市場別の最強最弱通貨を見て確認できるという事なんです…!これは他のツールにはないメリットなんです。

 

これは、あなたがトレード直前にカレンシーストレングスを見た時に…「その日その時間一番強い通貨、弱い通貨を確認できる」という事なんです!

 

これはfxブログやサイトで勝つトレードのコツとして紹介されていますが…スキャルピング〜日を越えてポジションを持ち越さないデイトレードをする場合は、その日の強弱に従った変動幅の高い通貨ペアをトレードすることが成功の秘訣です。

 

つまり、あなたが日本時間夜20時以降にトレードする場合…

 

「日本時間はレンジ相場だったけど、欧州、英国市場がオープンしてEURが強くなったんだ…」

 

カレンシーストレングスの見方のコツB

 

という風に時間経過と供にその通貨が買われたのか?売られたのか?を視覚化し分かり易く表示させているんです。外部サイトのmatafやmt4インジゲーターccfpなどは選択時間軸によって市場別強弱分析は可能なのがメリットです。ですが、一日の区切りでリセットされないので勝つためには別の使い方や見方、分析方法が必要です。

 

欧州、英国市場のオープンボラティリティに沿ったポジションでトレードしたい…。そんな時にカレンシーストレングス「Currency Strength Chart」は10分毎に更新されるのでパッとトレンド通貨ペアを発見できるので便利なんですよ!

まとめ

通貨強弱を勉強して悩むのが…どうやってその情報を活用してトレードしたらいいのか?という事です。

 

私はほぼ『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』しか見ないで現在トレードをしています。様々なmt4インジゲーター、外部サイト(又はアプリ)を同時に参考にチャート分析をしてきましたが…参考情報が増えれば増える程迷いのあるトレードに繋がり成績は不安定になってしまいました。

 

私がおススメするのは1つの判定ツールの見方、情報活用方法を検証することです。

 

他のツールと…どうして違う最強、最弱通貨を表示するのか?その原因が分かれば、対策をたてればいいだけです。

 

その結果、通貨ペア選択、売買方向に1つの法則性ができてトレード結果が安定します。

 

私の通貨強弱を活用したトレード手法は“こちら”で公開しています。